上司のクズさに向き合う(うざい、腹立つ、性格悪い、ラインがしつこい、イライラする)

クズな上司に腹が立つ。

イライラする。

ストレスが限界。

性格悪い。

高圧的。

ラインがうざい、しつこい。

このように悩んでいる人はどれくらいいるのでしょうか?

今回はそんな話です。

クズ上司にイライラする、腹立つ

冒頭ではラフに書きなぐりましたが、

会社で病む人の大半は上司との関係に悩んでいると思います。

 

やたらと偉そうで上から目線。

仕事を教える時にいちいち自慢が入ったり、

怒りながらだったり、恩着せがましかったり。

普通に教えることができない上司は大勢います。

 

前提として、上司は誰よりも謙虚であるべきだと思います。

特殊なケースを除けば上司は年上で社内での経験も上。

これは紛れもない事実です。

 

そして、部下はそんな上司から仕事や社会人としてのマナーを学びます。

上司に対する敬意は、そういった指導の中で自然と生まれてくるものです。

だから、立場が上だからとにかく敬え、というのは乱暴過ぎます。

 

偉そうになったり自慢を交えながら指導する上司には、

オレ様が教えてやってるんだ、ありがたく思え

という意識がどこかにあるのかもしれません。

少しでも謙虚さがあれば、そんな態度にはならないはずです。

性格の悪い上司が嫌い

何を持って性格が悪いというか。

個人的には以下のポイントに該当する上司は性格悪いと思います。

・余裕がない

・権力に弱い

・自己顕示欲が強い

・余裕がない

部下のミスに対して、改善案や反省点ではなく怒りをぶつけてきます。

「なんでこんなことができないんだ」

「これ前にも言ったよね?」

こういう上司は問題が起こった時に、

真っ先に「自分に責任はない」ということを強調します。

そして、犯人探しを始めたりするんですね。

それじゃない、やるのはそれじゃない!

・権力に弱い

上に媚びる人は、

下の人に傲慢な振る舞いをします。

権力が絶対的な価値観になっているから、

上司=偉い=好き放題やれる

と無意識に考えているのでしょう。

・自己顕示欲が強い

承認欲求やプライドは誰にでもあります。

しかし、それが行き過ぎると仕事を頑張るのではなく、

いかに凄いと思わせるか、カッコいいと思わせるかが重要になっていきます。

飲みの席で延々と武勇伝を聞かされたり、

やたらと仕事ができることをアピールしたり。

自分の凄さを認めさせることを目的として、

指導という名のマウンティングを入れてきます。

上司が高圧的でストレスがやばい

高圧的な上司には、

自分自身が高圧的に指導されてきた経験がある人が多いように感じます。

つまり、自分がそうされてきたから、

 

・部下も同じように苦しんで成長するべきだ

・指導とは高圧的なものだ

・立場が上なら高圧的でもいい

 

といった歪んだ価値観が根付いているのです。

あとは単純に性格が悪いと人の気持ちを理解できないので、

平気で人格否定したり、人を傷つけることができるのです。

 

高圧的な上司に対してイライラできる人はまだいい方だと思います。

本当に辛いのは落ち込んだり萎縮してしまう人。

上司を怖がったり、苦手に思っているとそれが伝わり、

余計苛立たせて高圧的にさせてしまいます。

この悪循環にハマると本格的に上司に嫌われて、

徹底的に攻撃されたり、陰湿ないじめを受けるなりして、

病むか辞めるまで追い込まれてしまうこともあります。

 

どうして人に対してそんなに攻撃的になれるのか。

それは上司=立場が上=偉い=人として上

という考えが根付いているからです。

上司のラインがうざい、しつこい時の終わり方

苦手な上司と上手く付き合う。

うざいと思いながらも大人の対応をする。

その結果、気に入られてしまう。

これはよくあることだと思います。

 

面倒な上司は、同期や他の人に相手にされてこなかった人が多いので、

ちょっと優しくされたり構ってもらえると、

その相手に面倒な絡み方をするようになります。

 

また、部下や若者に嫌われたくないからと、

媚びたり、ハマりにいく上司もヤバい人が多いです。

やたらと食事や飲みに誘ってきたり、

休日でも大量にラインを送ってきたり、

無下に扱うことができない分、対処に困るやつです。

 

そんな上司からのラインはとにかく面倒です。

同性であれば急に電話を掛けてきたり、

休日に呼び出そうとしてきたりします。

 

これが異性の場合だとさらに厄介。

露骨に関係を迫ったり、ナチュラルにセクハラをしてくるので、

一気に気持ち悪いストーカーのような上司に変貌します。

いかにもなおじさんっぽいメッセージを送ってきたり、

毎日しつこくラインを送ってきたり、

これは上司部下の関係でなくても起こりうる現象だと思います。

典型的なおじさんラインの特徴

・文章が長い

・褒め方が絶妙にキモい

・聞かれてないのに自分語り

・名前は「ちゃん」付け

・顔文字の多様

・句読点が多い

おじさんラインはネタにされますが、

実際に送られたり付きまとわれる人はたまったものではないでしょう。

男性にしろ女性にしろ対処法は一択。

スルーでいいと思います。

 

ただ、自分のことが見えていない上司は、

異様にポジティブだったり、スルーされてることに気づかない場合が多いです。

さらにメンヘラ気質な場合は、

「なんで返信しないの?」、「もしかして嫌ってる?」

といったラインを送ってきて、

しまいには勝手にキレ出したりします。

そして、翌日になると何事もなかったかのように連絡してきたり、

急に長文の謝罪をしてきます。

 

そういう人とは真面目に付き合っても消耗するだけなので、

通知オフにしてスルーでいいと思います。

それが無視できないレベルになってきたら、

勇気を出して信頼できる上司に相談することをオススメします。

上司がうざいのがどうしても無理、限界な場合

いくらクズな上司の心理を理解できても、

いくら上手くいなして付き合っても、

今後、何十年もこの人の下にいなければいけない。

一緒にやっていかなければいけない。

ずっと我慢しなければいけない。

 

それってキツ過ぎませんか?

そのストレスって、ネタじゃなく寿命を縮める原因になると思います。

上司が悩みの種になってくると自分自身もやさぐれてしまうので、

陰口を言うのが日課になったり、

友達に話を聞いてもらうのが唯一のストレス解消手段になってきます。

 

そうなると、日常生活や本人の人格にまで悪影響が出てきます。

我慢する、大人の対応をするというのは、

一時しのぎであってずっと続けていくのは精神衛生上よくありません。

 

かといって、上司を攻撃したり辞めさせることもできない。

直接文句を言うことも、他の人から言ってもらうのも難しい。

相手に察してもらうなんてもってのほか。

察せられるような上司ならこんなに面倒くさくないです。

 

その場合はどうすればいいか。

簡単にできることではないかもしれませんが、

僕は転職か退職しかないと思っています。

ただ、転職しても次の会社がどうなるかは運ゲーです。

大抵の場合、

変な上司、高圧的な上司、嫌な上司、性格の悪い上司が一人はいます。

あくまで感覚ですが、全員が尊敬できる人格者ということはまずないでしょう。

結局、上司との付き合い方に関する問題はどこに行ってもついてくるんですね。

 

もう一つの選択肢である退職を選ぶ場合は?

面倒なしがらみからは逃れられますが、

会社を辞めるなら別で収入源を確保する必要があります。

それができないから仕方なく我慢しているという人も多いでしょう。

 

しかし、現在は昔よりずっと個人が稼ぎやすい時代になっています。

会社員にならずに個人で稼いでいる人は、

稼げるだけの能力があるんだろう、というイメージがあるかもしれませんが、

実は稼ぐ力はあまり必要ではありません(後天的にいくらでも身に着けられるから)。

大切なのは、見切り発車でも行き当たりばったりでもいいから突っ込める行動力です。

 

「それでもいきなり仕事を辞めるなんてできない」

「何の見通しもなしにリスクだけ負うことはできない」

というのが普通の感覚でしょう。

そんな場合はリスクなく会社にいながらできる、副業を始めてみてはどうでしょうか?

 

副業には種類がありますが、最も低リスクで匿名でひっそりとできるのはアフィリエイトです。

現在のアフィリエイトは楽して稼げるビジネスではありませんが、

誰でもできるビジネスです。

 

・本当に今でも稼げるのか?

・稼げるまでにどれくらいかかるのか?

・初期費用やリスクは?

・どれくらい作業すればいいのか?

 

といった疑問に対する回答と、アフィリエイトの始め方に関しては、

無料メルマガで配信していますで、興味があればどうぞ↓

【PR】無料メルマガでブログ収益化ノウハウ公開中です

目覚まし時計をセットせずに起きたい時間に起きる。

通勤ラッシュを避けて鈍行に乗り、

ひと気のない海と山の見える小道をのんびりと散歩する。

やりたいことをその日に決めて、行きたいところに突発で向かう。

そんな生活を送りながらPC1台で大金を稼ぎ続けるライフスタイルに興味がある方は、

AFFILIATE ON THE RUN」に登録してブログを始めてみませんか?

渡辺
1990年生まれ

静岡出身

大学卒業後、就職するもすぐに退職。
工場でカップ麺のタレをかき混ぜ続ける毎日に嫌気がさしてアフィリエイトを始める。

【実績】
2016年1月:アフィリエイト開始
2017年8月:月収10万円達成
2019年7月:月収20万円達成
2019年11月:月収45万円達成

「AFFILIATE ON THE RUN」の無料ダウンロードはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です