一人になりたい時に行く場所を考える

一人になりたい時は誰にでもあります。

「一人になりたいのはどんな時?」とか、

「一人になりたいと思う5つの理由」みたいな、

一昔前のまとめ記事みたいな前置きは飛ばして、

ここでは一人になるための場所を考えていきます。

一人になりたい時に行く場所

自宅に引きこもることこそ最強の一人時間。

しかし、実家暮らしだったり家族がいる場合はどうしても落ち着けません。

そもそも家族付き合いに疲れてるから一人になりたいという人だって多いと思います。

そんなわけで自宅は一人になりたい時の最適場所とは言えません。

 

インターネットカフェ

個室で寝転がりながら漫画を読んだりドリンクを飲める。

インターネットカフェは安くお手軽に一人になれる場所だと言えます。

ただ、時間帯や曜日によっては混んでいたり騒がしいことも多く、

個室の匂いが気になる場合も少なくありません。

 

公園

一人になれると思いきや、意外と人は多いです。

子供連れや老人、学生など、まったく誰もいない公園は案外少ないもの。

逆に誰もいないような公園は大人が一人でいると不審だったり目立ってしまうような場所にあったりします。

広い公園なら人目も気になりませんが、雑踏が不快、視界に人を入れたくない場合は、

もっと静かで一人になれる場所を探す必要があります。

夕方の散歩(藤枝市の蓮華寺池公園)

2019年3月29日

 

カラオケ

手軽に一人になれるオススメの場所です。

時期と時間によっては騒がしいのはネカフェと同じで、

部屋がタバコ臭いのは我慢するしかありません。

 

ホテル、旅館

一人になるための最強手段と言えます。

本やPCを持ち込んで何日か滞在。

温泉がついてれば最高です。

ただネックはコスパが悪すぎることです。

余談ですが、寂れた侘しい温泉宿が好き、さすらいの旅に憧れる、

そんな人にはつげ義春さんの「旅もの」シリーズが超オススメです。

舞台となるのは今は見かけないような地方の温泉宿や、幻想的で秘境めいた山奥の宿。

そこでの出来事や何でもない体験が淡々と描かれている傑作短編がまとめられています(ノンフィクションではありません)。

 

車中

車に乗ってどこかに出かけます。

そして河川敷や広めの駐車場に停めて車の中で一人を堪能。

夏と冬以外は比較的快適に過ごせると思います。

関連して、サービスエリアとかもオススメですね。

 

山、川、海

都会の喧騒を離れて大自然に触れる。

今はここまでガッツリと一人になろうとする人は少ないと思います。

仮に一人になろうと思っても、定番や人気の場所には観光客がわんさかいます。

マイナーな場所だったり、シーズンをずらさないと一人にはなれないでしょう。

参考として僕は10月に上高地に行ってきましたが、人が少なくて最高でした。

(夏休みシーズンが終わっていて、紅葉シーズンには早すぎたから?)

初心者にオススメのルートや服装や気温、注意点やバスのことなど、

詳細はこちらの記事で語っています。

【初心者向け】上高地の歩き方ガイド(おすすめルート・バス・スマホの電波・服装など)

2018年10月12日

 

深夜であればどこでも(飲み屋街以外)

翌日に仕事や予定がない人限定ですが、深夜になれば一人になれる場所は増えます。

飲み屋街や駅前はむしろ騒がしくなりますが、その他の場所であれば簡単に一人になれます。

何もかも捨てて逃げ出したい夜の散歩

2019年9月3日

 

バー、居酒屋

僕はまったくお酒が飲めないので選択肢に出てきませんが、

一人で飲むのは定番の方法ですね。

誰かに声をかけられる可能性はありますが、

多少の騒がしさや会話が必要な時もあります。

 

喫茶店

僕お酒を飲まない分、コーヒーを飲むことが多いです。

ただ田舎のカフェは早くしまってしまうので行く店は限られます。

現在は24時間営業している隣町のマックが僕の拠点です。

 

図書館

人は多いけど図書館は静かなのでオススメです。

無料で空調がきいていて、本が読み放題。

これだけで僕には最高の環境です。

ただ、ソファや椅子のほとんどが老人で埋まっているので座れないこともあるし、

あまり一人になっている感覚はありません。

 

寺、神社

パワースポット的なご利益と勉強にもなるので一石二鳥です。

ただどうしても観光っぽくなってしまうので、一人になって気を休めている感覚は薄いです。

一人になりたい時は地元の名もない神社や山中に忘れ去られたようなお寺の方がいいかもしれません。

 

星の見える場所

天体観測というほど大げさなものではありません。

肉眼で見えるくらいでいいし、時間を無駄に遅くする必要もありません。

星を見ようとすれば必然的に人里を離れるので一人になることができます。

問題はあまり変なところに来てしまうと怖くなるということ。

出発前にはある程度行く場所を決めておきましょう。

夜の散歩は楽しい【田舎、ひとり、画像あり】

2019年8月12日

 

パチンコ店

タバコ臭くてうるさい、

一人になりたい時の心境とは明らかにマッチしないと思うかもしれませんが、

あえて、むしろ轟音にまみれたいという人もいます。

椅子に座ってぼんやりと玉を打ち画面を眺める。

お金がかかるのでオススメできませんが、1パチなら案外悪くありません。

一人になりたい時に一人を加速させる趣味

釣り

釣りと孤独は相性がいいです。

堤防や港に行って糸を垂らすのが定番ですが、

僕は野池に行ってバス釣りをするのが好きです。

 

読書

読書がいかに大切かは言うまでもありません、

ただ、本を読む暇がない、そんな気力がないのが一般的な社会人だと思います。

もともと本を読まないし活字が苦手という人もいるかもしれません。

そこでオススメなのは児童文学を読むことです。

寝る前の布団の中でも、トイレでもどこでもいいので読書する時間を決めてしまって、

その瞬間だけは児童文学の世界に飛び込みましょう。

児童文学だからといって子供向けというわけではありません。

むしろ大人でも子供でも学び楽しむことができるのが児童文学です。

created by Rinker
¥864 (2019/09/18 09:00:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

深夜徘徊

夜に一人で散歩すること。

忙しい社会人にはなかなかできない至上の贅沢です。

ゆっくりとコンビニに向かうもよし、好きな音楽を聴きながら川沿いを歩くもよし。

歩いていると自宅では考えないようなことが思いついたりもします。

深夜徘徊は楽しい!大人のための深夜徘徊デビューガイド

2019年3月24日

 

ゲーム、漫画

一人でも無限に時間を潰せる。

潰すなんて言い方をすると印象が悪いけど、

ゲームや漫画にはそれだけ人を熱中させるエネルギーがあります。

「そんなことして何になるの?」

それを決めるのは本人次第でしょう。

とりあえず、一人を加速させることをコンセプトに僕がオススメするのはこちらです。

created by Rinker
Chuclefish
¥1,345 (2019/09/17 12:11:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

ソロキャンプ

芸人のひろしさんのyoutubeチャンネルが有名ですね。

キャンプは用具にかかる費用、最低限の知識など準備が多いです。

そしてアウトドアが好きでなければキツイかもしれないのでハードルは高めです。

どうしても泊まりが嫌な人は日帰りで試してみるといいかもしれません。

まとめ

「一人になりたい時」といってもその度合と種類はたくさんあります。

人との交流を一切断って放っておいてもらいたい場合。

誰かと話したいけど複数人は無理な場合。

人混みや騒がしいところが無理な場合。

人混みや騒がしいところに紛れたい場合。

一人、というより都会の喧騒を離れた場合。

一人になりたいというか、全てを捨てて逃げ出したい場合。

 

ネットで発信している情報はどうしても万人向けになるので、

今回は網羅的に定番を挙げながら僕自身の考えを述べました。

もっとニッチな場所を挙げれば、

大津谷川沿いを深夜に歩く、

天神原に行く、

あえて自転車で隣町のブックオフに行くなど、

僕だけの孤独術があります。

一人を感じる瞬間も場所も人それぞれなので、

一人になりたい時にオススメできる場所があれば、お気軽にコメント欄までどうぞ。

僕自身も参考にしたいです。

自由気ままに放浪するために

目覚まし時計をセットせずに起きたい時間に起きる。

通勤ラッシュを避けて鈍行に乗り、

ひと気のない海と山の見える小道をのんびりと散歩する。

やりたいことをその日に決めて、行きたいところに突発で向かう。

そんな生活を送りながらPC1台で大金を稼ぎ続けるライフスタイルに興味がある方は、

AFFILIATE ON THE RUN」を始めてみませんか?

渡辺
1990年生まれ

静岡出身

大学卒業後、就職するもすぐに退職。

工場派遣としてカップ麺のタレをかき混ぜ続ける毎日に嫌気がさしてアフィリエイトを始める。

放置状態で毎月10万円以上稼ぐ資産サイトの構築に成功。

 

「AFFILIATE ON THE RUN」の無料ダウンロードはこちらから↓↓

無料ダウンロードはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です