サラリーマン副業ブログおじさんへの道【入門編】

2013年、会社を辞めてニートになった僕は金欠になりました。

「貧すれば鈍する」の恐ろしさを身を持って味わい、藁にもすがる思いで始めたブログ。

そこに至るまでも、ブログを始めてからも紆余曲折あって苦渋を舐め続けた結果、

1日30分の作業で毎月10万円以上の収益が発生するブログを作ることに成功しました。

 

結論を先に言うと、

・サラリーマンは副業を始めてお金を稼いだ方がいい

・サラリーマンの副業にはブログがおすすめ

ということです。

極端に会社を辞めましょうとか、起業独立して成功しようと言うつもりはありません。

会社員+副業の働き方は今後需要が高まるし、そうしなければやっていけなくなる時代が来てるんじゃないかと思ったからです。

労働地獄から抜け出すことができないサラリーマン生活

僕は会社を辞めてニートになったことで金欠になりましたが、

普通のサラリーマンでも金欠に陥る人はたくさんいます。

それは手取りの少ない一人暮らしの場合だったり、

お金のかかる趣味やギャンブル癖があって貯金出来ない場合だったり。

 

月収20~30万円くらいの給料は普通に生活する分には困らないけど、

贅沢はあまりできないというギリギリのラインになっていると思います。

「贅沢はあまりできない」というのがミソで、奮発した時やたまにならささやかな喜びが味わえるようになっているのが嫌らしいですね。

毎日あくせく働くことに疲れて爆発しないようガス抜きの役割を果たしているのです。

 

そして世の中は律儀に貯金している人でもギリギリお金が貯まらないように出来ています。

例えば自動車、結婚、マイホーム、育児。

この辺で一気にお金が出ていくので、結局いつまで経っても労働者から抜け出すことができないのです。

「自動車は必要ない」、「結婚はリスクでしかない」と考える人がいるのは金銭的な理由が大きいのかもしれません。

ゲームカセットを売ってお小遣いにする日々

今勤めている会社を辞めたい。

そう思いつつも、それは獣道に踏み込むことになるし危険かもしれない。

そして何より行動を起こすのが面倒臭い。

 

僕はそう思いながら躊躇して生きてきたサラリーマンでした。

内心では「自分には別の道があるんじゃないか」、「本当は他にやりたいことがある」と思いながら、

世間体や生活の安全、将来への不安を考えて欺瞞的に現在の状況に順応して、

その妥協の中から届く範囲の幸せを求めようとしていたのです。

 

そして全てが限界に達した時、僕は唐突に何の見通しもなく会社を辞めました。

転職先が決まっていたわけでも、働かずに暮らせる十分なお金があったわけでもありません。

まったくの行き当たりばったりでニートになったのです。

最初の内は会社員時代の貯金を切り崩して生活していましたが、あっという間にお金が底を尽きました。

あまりのお金の無さに、若干プレミアのついていたGBAカセットを売るくらい余裕が無くなってしまったのです。

↑情けないやら寂しいやらで、その時のレシートは未だに保管しています。

サラリーマンの副業でブログがオススメの理由

僕はニートになってからいくつかのアルバイトをしましたが、それにより分かったことがあります。

それは、最初に述べた「サラリーマンではギリギリお金の貯まらないエンドレス労働生活になってしまう」ということ。

そして以下の点から自分が会社員に向いてないということです。

・朝早くに起きるのが苦痛

・飽きっぽい(同じ場所に通い、同じ仕事をするのが無理)

・組織労働、人間関係のストレスに耐えられない

会社員として生きていくのならこの3点を我慢するのは最低条件です。

これを守れないならどこに行ってもやっていくことはできないでしょう。

 

ただ、それは会社員としてやっていく場合の話。

会社員として社会不適合者だった僕には、

時間に拘束されず、嫌な人とは関わらずに、好きな場所で作業できる働き方が向いていました。

結果ブログで生計を立てるという働き方に落ち着いたわけですが、ブログにはその他こんなメリットがあります。

1.小資本で始められる。

2.在庫がない(あるいは少ない)

3.利益率が高い

4.毎月の定期収入が確保できる

これは堀江貴文さんが提唱している儲かるビジネスの4原則。

ブログはこの4つを全て満たしていて、金欠だった僕にも簡単に取り組めたというのが大きかったです。

 

会社員をしながら副業で稼ぐとして、例えば毎月の収入が+10万円されると生活はかなり楽になります。

・スマホ代や食費が浮く

・毎月旅行に行くことができる

・服や車など趣味に使えるお金が増える、など

僕は当初、アルバイトと平行してブログに取り組んでいましたが、

その時点で、より短い労働時間で会社員の頃よりも稼げるようになっていました。

金銭的な余裕が持てたのはもちろん嬉しいですが、それ以上によかったのは自由な時間を得られたことです。

好きな時間に起きて野良猫とたわむれたり、のんびりと自転車を走らせたり。

時にはスマホを機内モードにして自然を満喫。

会社員時代にはこんなことをする暇と余裕はほとんどありませんでした。

明日のことを気にせずに深夜徘徊して星を眺めたりもします。

まとめ

・世の中はぎりぎりお金が貯まらないようにできている

・サラリーマンは副業でお金を稼いだ方がいい

・副業にはブログがおすすめ

ブログでお金を稼ぐ仕組み、具体的な準備と始め方は以下の記事で詳しく説明しています。

順に読んでいけば分かるようになっているのでブックマークしておくことをおすすめします。

アフィリエイトの仕組みと始め方【初心者向けガイド】

2019年1月10日

自由気ままに放浪するために

目覚まし時計をセットせずに起きたい時間に起きる。

通勤ラッシュを避けて鈍行に乗り、

ひと気のない海と山の見える小道をのんびりと散歩する。

やりたいことをその日に決めて、行きたいところに突発で向かう。

そんな生活を送りながらPC1台で大金を稼ぎ続けるライフスタイルに興味がある方は、

AFFILIATE ON THE RUN」を始めてみませんか?

渡辺
1990年生まれ

静岡出身

大学卒業後、就職するもすぐに退職。

工場派遣としてカップ麺のタレをかき混ぜ続ける毎日に嫌気がさしてアフィリエイトを始める。

放置状態で毎月10万円以上稼ぐ資産サイトの構築に成功。

 

「AFFILIATE ON THE RUN」の無料ダウンロードはこちらから↓↓

無料ダウンロードはこちらから

2 件のコメント

  • こんにちは。
    渡辺さんは苦労されたのですね。
    2013年のレシートは初心に戻るための宝物なのかもしれませんね。
    時間をかけて身につけたスキルは一生モノなのだなあと思いました。
    これからも学ばせていただきます。

    • takafumiさん、いつもありがとうございます!

      苦労と言うとこそばゆいですが、そう言ってもらえると過去の自分が報われたような気分になります。
      レシートは負の遺産ですね。
      今見ても決して笑ってみることはできず、「何で売ってしまったんだ」と自己嫌悪します。
      当時の自分には即金を得ようとした時に、そんな案しか思い浮かばなかったのが悔やまれます。
      今だったらハピタスで自己アフィリエイトしたり、トレンド記事を量産してぶち込むなどやりようはあったので。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です