ゴミクズ人間に振り回されないために【傾向と対策】

先日あった教員間のいじめ問題の時、こんなツイートをしました。

今回はたまたま事件が発覚したけど、こういったことはどこの学校でも職場でも日常茶飯事のように行われていると思います。

もちろん傍から見た時の程度の差はあれど、標的になっている本人には地獄のような時間のはず。

いじめやパワハラとまでは行かなくても相手を威圧したり隅に追いやったり、

自分の方が上であるかのように振る舞って平気で人を傷つける人は山ほどいます。

今回はそんなゴミクズ人間のパターンと対処法を紹介していきます。

ゴミクズ人間がのさばる社会

正直者、真面目な人、優しい人は淘汰されて壊されて搾取される可能性があります。

 

誰に?何を?なんで?

 

それは…

クズな人たちに、

大切な今の時間とこれからの時間、心身の健康や居心地の良い場所を、

見栄、優越感、自己顕示欲、損得、出世、暇つぶし、なんとなくといった理由で壊され奪われるのです。

 

クズがクズたる所以はいじめやパワハラを巧妙に隠しながら(自身すらも騙しながら)、直接あるいは間接的に行うところにあります。

それは相手を崖から突き落とすように一気に攻撃することもあれば、

真綿で絞殺すように少しずつ苦しみを与えて弱らせていくこともあります。

極々一部のどこにでもあるケースを見ていきましょう。

①大袈裟に感謝したり謝りながら面倒な仕事や頼み事を押し付けてくるクズ

この手のクズは表面上はいい人、周囲からの評判もよかったりします。

しかし、その実態は悪質。

普段頼み事を聞いてくれる人が困っても何も手伝わないし助けない、一方的に相手を都合よく利用し尽くせる関係に徹してきます。

自覚があるのかないのかは分かりませんが、彼らは損得勘定で動いているので自分の益にならないことには驚くほど無関心です。

表面上は衝突を避けてニヤニヤしながら、陰では相手をあざ笑ったり小馬鹿にしていることがあります。

 

そして、そういう人に限って一度頼み事を断ると鬼の首を取ったように騒ぎだします。

「こっちが頭を下げて頼んでるのに」

「本当に冷たいヤツだなお前は」

「自分さえよければいいのか?」

こんな風に断った人がまるで悪いことをしているかのように仕立て上げます。

その目的は自分の頼みを断ったことへの仕返しと、あわよくばYesと言わせて頼みごとを押し付けることです。

職場に馴染めないのが辛いなら攻略法教えます。

2019年10月4日

②抵抗しない相手を吟味して、問題にならない範囲で嫌がらせを楽しむクズ

昔からある言い方をするなら「弱い者いじめ」ですね。

そんな人に限って手痛いしっぺ返しを食らうと、狂ったように騒ぎ出して被害者面します。

また群れたり強力なバックがつくと急に人格が変わる人もいます。

立場の弱い相手や自分より格下だと思った相手にはとことん強気に出るので、上からも下からも嫌われていることが少なくありません。

 

そんなクズに目を付けられるとパシリとしてこき使われたり、ストレス発散や暇つぶしでいびられたりするかもしれません。

さらに厄介なのは、彼らはその日の気分で急にいい人になることもあるということです。

気まぐれな感情を子どものようにぶつけてくるので、その相手をする人は大変です。

機嫌が良い時は面倒でうざい絡みが増えて、その数分後には急に怒りだしているなんてことも。

「自分は何かしてしまったのだろうか?」

「自分はこの人に嫌われてるんじゃないだろうか?」

「なんで急にこんなに冷たくされるんだろう?」

こんな風に真面目に向き合うと相手に振り回されることになります。

バイトで干された(シフトを減らされた)原因と対策

2019年10月6日

③自分が言ってるわけではないけど…というスタンスで、他人の悪評や愚痴を流して相手を孤立させようとするクズ

「皆が言ってた…」、「あの人が怒ってた…」

そんな言い方で相手を悪者にして外堀を埋めていく陰湿なクズは至るところに沸き出てきます。

皆嫌ってるとか皆困ってるとか、その“皆”が具体的に誰なのかはハッキリしない場合があり、

固有名詞を出す時も言葉尻を捕まえたり曲解したり部分的にニュアンスが変わるように伝えたり、

マスコミのようなやり口で自分は汚れずに相手を攻撃します。

 

そんなクズは自分は傷つきたくないし悪者になりたくないけど、

誰かが苦しんだり嫌われたり没落していく姿が面白いと感じているのかもしれません。

また悪者や嫌われ者を設定することで、組織の中での自分のポジションや安全を守ろうとする卑怯者です。

この手のクズは保身の為なら平気で人を攻撃したり嘘をつくので危険です。

何もかもうまくいかない人生をぶっ飛ばせ!!!

2019年9月24日

④大きな声を出したり、喧嘩腰な物言いで上下関係を植え付けるクズ

強気に出て相手を萎縮させる強引でえげつないやり方です。

立場や役職が上、年齢が上といった形式的な序列や権威に媚びる人に多いです。

そんな人に限って仲の良い人や友達の間ではいい人認定されていることもあります。

高圧的な対応をされた人はなぜ自分が喧嘩腰で話されるのか分からないので、ただただ恐怖します。

味をしめたクズは、相手を部下や奴隷のように扱ってくるので要注意です。

青春コンプレックスの辛い鬱状態をブログで攻略する

2019年9月5日

⑤面子やプライドを守ることに固執するクズ

絶対に謝らない、認めない、褒めない。

とにかく自分が勝たないと気が済まない気質で、見栄やハッタリや嘘を息をするように吐きます。

自分が優位に立つためには平気で人をダシにしたり、蹴落とそうとするので信用してはいけません。

彼らは一見ナルシストや自信家に見えますが、実際にはコンプレックスの塊だったりするので下手に刺激するのは危険です。

こどおじニートだった僕がブログを始めたら…

2019年8月29日

ゴミクズ人間の対処法と克服

・世の中善人ばかりではないことを知る。

・クズと関わると消耗するので真面目に相手をする必要はない。

・自分がクズになっていないか定期的に問いかける。

まずは相手をよく知ること。

これが大切です。

世の中は善人が多い、良い人ばかりという前提で生きていると、

クズのクズさに気づかず自分に落ち度があるかのように、自分が悪いかのように錯覚してしまいます。

 

もちろん自分に責任がある時もありますが、そうでない場合も多いです。

残念ですが世の中にはクズも普通にいるのです。

人の優しさや誠実さに付け込んで利用しようとしたり、

打算と損得勘定、見栄や虚栄心で相手より優位に立つことしか考えられない人もいます。

そんな人を真剣に相手にしているとこちらが疲れるだけです。

 

クズについて分かった風に語っている時、まるで自分はそちら側ではないかのように振る舞っていますが、

僕にもクズな面はあります。

保身や見栄などが絡んだ時に咄嗟に自分を良く見せようとしたり、

自分に責任が来ないように言い回しやニュアンスを変えて印象操作しようとしたり。

 

そんな卑怯で小賢しい自分を発見した時、言いようのない気持ち悪さと嫌悪感が生まれます。

誰にでもクズな一面はあると思いますが、開き直ったり気づかないフリをせずに、

常によくありたいと思い続けることが大切だと思います。

クズは個性ではないし、目を背けて無くなるものでもありません。

自分の中のクズさと戦って克服することが自我形成のスタートラインだからです。

【PR】無料メルマガでブログ収益化ノウハウ公開中です

目覚まし時計をセットせずに起きたい時間に起きる。

通勤ラッシュを避けて鈍行に乗り、

ひと気のない海と山の見える小道をのんびりと散歩する。

やりたいことをその日に決めて、行きたいところに突発で向かう。

そんな生活を送りながらPC1台で大金を稼ぎ続けるライフスタイルに興味がある方は、

AFFILIATE ON THE RUN」を始めてみませんか?

渡辺
1990年生まれ

静岡出身

大学卒業後、就職するもすぐに退職。

工場派遣としてカップ麺のタレをかき混ぜ続ける毎日に嫌気がさしてアフィリエイトを始める。

放置状態で毎月10万円以上稼ぐ資産サイトの構築に成功。

 

「AFFILIATE ON THE RUN」の無料ダウンロードはこちらから↓↓

無料ダウンロードはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です