【関連コンテンツユニット】関連記事内に広告を紛れ込ませるいやらしい手法が悪魔的過ぎる

どうも、渡辺です。

最近、記事下に関連コンテンツ型の広告を設置したところ、

収益が目に見えて変わってきました。

そんなわけで今回は、関連コンテンツユニットの設定と設置方法を紹介します!

関連コンテンツユニットの設定と設置方法

↑グーグルアドセンスのトップページから、「広告」⇒「広告ユニット」⇒「+新しい広告ユニット」をクリック。

↑広告ユニットを選択(関連コンテンツ)。

↑設定は特にいじる必要はありません

そのままで「保存してコードを取得」をクリックしましょう。

↑赤枠内のコードをコピーして「作業完了」をクリック。

今回は配置に関するヒントでオススメされている「記事の真下」に広告を設置してみます。

↑※ブログのテーマは「SimpliCity2」です。

ブログのダッシュボード画面の「外観」⇒「ウィジェット」を選択。

投稿本文下」に「テキスト」をドラッグ&ドロップ。

エディターをテキストに切り替えて、広告コードを貼り付けて「保存」を押せば作業は完了です。

コードを貼った直後は正しく広告が表示されない場合があります。

その場合は少し時間をおいてから確認してみましょう。

関連コンテンツユニットってどうなの?

実際に、広告はこのように表示されます。

8つの関連記事が表示されていますが、そのうちの3つが広告になっています。

この混ぜ方が絶妙で、おそらくユーザーには広告がサイト内のコンテンツの一つであるかのように見えていると思われます。

でも、よく見ると赤枠で囲った部分に「広告」としっかり書かれているんですね。

僕は他所のサイトを見ているとき、広告と分かっていてもクリックしてしまうことがありました。

従来の広告と違って、がっつり広告のみで押し出しはしない。

申し訳程度にサイトの関連記事を表示させつつ、そこにカモフラージュする形でしっかり広告を挟んでいる。

こいつぁね、あざとくていやらしいやり口ですよ。

関連広告ユニットを貼り付けてから1週間の推移を見ると、

クリック数が26%アップページCTRが20%もアップしています。

CTRとは広告のクリック率のこと。

平均的には1%と言われています(100PVで1クリック)。

僕の場合はまだ関連コンテンツユニットを設置して日が浅いのですが、

人によってはこれを設置したことでCTRが2%になったという人もいます。

2%になったら収益は単純に倍です、やべぇ。

この広告ユニットって2017年から実装されてたんですよね…。

もっと早く導入すればよかった。

追記(2019/3/21)

時期的なものなのか分かりませんが、ページCTRまじで上がりまくってます。

もうしばらく様子見。

【PR】無料メルマガでブログ収益化ノウハウ公開中です

目覚まし時計をセットせずに起きたい時間に起きる。

通勤ラッシュを避けて鈍行に乗り、

ひと気のない海と山の見える小道をのんびりと散歩する。

やりたいことをその日に決めて、行きたいところに突発で向かう。

そんな生活を送りながらPC1台で大金を稼ぎ続けるライフスタイルに興味がある方は、

AFFILIATE ON THE RUN」を始めてみませんか?

渡辺
1990年生まれ

静岡出身

大学卒業後、就職するもすぐに退職。

工場派遣としてカップ麺のタレをかき混ぜ続ける毎日に嫌気がさしてアフィリエイトを始める。

放置状態で毎月10万円以上稼ぐ資産サイトの構築に成功。

 

「AFFILIATE ON THE RUN」の無料ダウンロードはこちらから↓↓

無料ダウンロードはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です