Googleアドセンスの審査について!必要記事数や期間について!

今回はGoogleアドセンスの審査を突破する方法について解説していきます。

無事審査に通れば、アドセンス広告を自分のブログに設置できるようになります。

これでようやくブログから収益が生じる状態=スタートラインに立ったと言えますね。

Googleアドセンスの審査に申し込む前に

アドセンスの審査基準や方法は年々変わっていて、最近は特に厳しいという話を聞きます。

審査に落ちたからどうこうなるわけでもありませんが、

一発で審査を突破するためにまずは「プログラムポリシー」を熟読しておくようにしましょう。

プログラムポリシーには例えば、広告の誤クリックを誘導するサイトデザイン、クリックを誘導する文章、意図的なクリックなどが禁止事項として書かれています。

その他、アダルトコンテンツ、著作権違反、暴力や誹謗中傷のコンテンツも禁止となります。

プログラムポリシー

ブログにポリシーに違反するコンテンツがあれば、審査にはまず通りません。

そして審査に通った後でも、ポリシー違反があれば広告配信を停止されることもあるので要注意です。

Googleアドセンスの審査に申し込むタイミング

Googleアドセンスの審査では、以下の点がチェックされます。

 

・ブログがきちんと管理運営されているか

・プログラムポリシーに違反していないか

・十分なコンテンツ量があるか(記事数や記事のボリュームなど)

 

記事の投稿が長い間止まっていれば、放置されていると判断されます。

だから基本的には1日1記事投稿を目安にしましょう。

コンテンツ量に関しては、10記事程度(1記事の文字数は1500字以上を目安)あれば大丈夫です。

 

記事の内容はボリュームの他にはオリジナリティが重視されます。

つまり、情報の羅列やコピペだけでは審査に通らない可能性があるのです。

これに関しては審査突破用の記事を書くよりも、

普通にブログのコンテンツとなる記事を入れていけば大丈夫です(著作権が守れているなら画像や動画を貼ってもOK)。

 

最後に忘れてはいけないのが、「プライバシーポリシーの表示」と「運営者の情報(プロフィール)」です。

固定ページで「プライバシーポリシー」を作ってサイトのトップページにリンクを置いておきましょう。

運営者情報は個人情報を出す必要はないので、誰が何の情報を発信しているブログなのかを簡単に説明した記事を作りましょう。

プライバシーポリシーをブログに作る方法!雛型の配布

2019年1月1日
渡辺

ブログのプロフィールの書き方、作り方、画像(アイコン)選びについて

2019年4月19日

なお、審査の合否は3日~1ヵ月くらいかかるようです。

かなり期間が曖昧ですね^^;

このとき念のため、審査中の間も記事投稿は毎日行うようにしてください。

 

それから一度審査に落ちてから再び審査に出す時は、期間を空ける必要はありません。

不合格の原因を修正できたらすぐに申し込みましょう。

まとめ

・違反がないようにポリシーをよく読んでおく

・十分なボリューム(1500字程度)の記事を10個投稿する

・管理者情報をサイトに記載する(プライバシーポリシー、プロフィール)

その他、注意したいのはアドセンス審査に出す前に、

サイトデザインやカスタマイズに凝り過ぎないようにすることです。

例えば、サイドバーにtwitterリンクを貼ってサイトと連動させたり、

記事内に外部リンク、画像、動画を貼ったりしないようにしましょう。

理由としては、その中の何かがポリシーに引っかかった時に、

原因を特定するのが困難になるからです。

 

【PR】無料メルマガでブログ収益化ノウハウ公開中です

目覚まし時計をセットせずに起きたい時間に起きる。

通勤ラッシュを避けて鈍行に乗り、

ひと気のない海と山の見える小道をのんびりと散歩する。

やりたいことをその日に決めて、行きたいところに突発で向かう。

そんな生活を送りながらPC1台で大金を稼ぎ続けるライフスタイルに興味がある方は、

AFFILIATE ON THE RUN」を始めてみませんか?

渡辺
1990年生まれ

静岡出身

大学卒業後、就職するもすぐに退職。

工場派遣としてカップ麺のタレをかき混ぜ続ける毎日に嫌気がさしてアフィリエイトを始める。

放置状態で毎月10万円以上稼ぐ資産サイトの構築に成功。

 

「AFFILIATE ON THE RUN」の無料ダウンロードはこちらから↓↓

無料ダウンロードはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です